夢とうつつの夕時雨

ぐらぐらな僕を素敵にしたい

20170327

何も考えない日だった。焦れば大丈夫みたいな感覚があって、僕はどうしようと言ってばかりでどうにかしようとしていない。大学どうするんだ。浪人なのか。浪人した方がちょっといいような気もしてるけど、堕落する言い分けを作っているだけのような気もする。浪人して受からなかったらまた浪人して。永遠のモラトリアムを過ごすんじゃないか。怖い。

大学を決めるにあたって学科を考えないといけないのだけど、まず僕は勉強したくない。今まで怒られたくない、恥をかきたくない、という理由で勉強してきた。僕が楽しいと思って勉強したことはない。なぜ大学に行かねばならないのか。こういう根本的なことを質問すると親に叱られる。何もしたくない。何も知りたくない。何も生み出したくない。ハイリスクローリターンすぎるよ。全てが黒歴史で、今まで一度も白歴史が作られることはなかった。

何もできない!寝る、食う。悩む。それだけだ。流れ星を見たけど、願いなんて思いつかなかった。だるい。僕はどうしたら変われると思えるんだろう。


おわり


20170325

志望校に落ちた。

どうやら性格が問題らしい。パーリィピーポーじゃないからか。僕は無計画すぎる。社会を舐めていた。頑張れないよ〜じゃなくて、頑張らざるを得なかったのだ。他人はそれを理解していて、僕だけが甘ったれていた。もう受けられない所の方が多いけれど、精一杯足掻いてみよう。

勉強をしなければ!本を読まないと。もっと考える。3Dでシミュレーションする。社会の仕組みを勉強する。

おわり

20170317

まあよかった。


今日はゲームと仕事をこなした。心理テストの本当の面白さを知った。僕にとってシュレッダーとチョコは大事らしい。もっとエゴイストになってもいい。


おわり

20170316

今日はまあよかったかな。


またずっとゲームをした。映画を見た。見たことのあるやつだったのでネタバレをしてしまった。本当にハラハラしている人が隣で見てて、安心させたかった。子供か?映画すらまともに人と見れないだなんて。部屋の中で一番スマートなやつになれ。僕も人の楽しみのために騙せるようになりたい。それでこそ真のエンターテイナーで、道化師じゃないか。頭よくなりたい。友人から頭がいいだけのバカというフレーズをきいた。では僕は狡猾になりたいのだ。

なんかどうしても一方的になってしまう。コミュ障の真の姿だ。迷惑をかけたくないがために話さない良心的なコミュ障と、単にコントロールが効かない真のコミュ障がいる。僕はもちろん後者だ。僕が面白いと思うことは他人にとっては異世界の出来事だったり、つまらなかったりする。ちゃんと説明できないのもある。かなしいね。

早く風邪が治るといいな。早く頭よくなってかっこよくなったらいいなと同じだ。僕の生存本能がどうにかするのを待ちながら生きていく。風邪はどうにかなるけど、かっこよくはならない。ニキビはできるし、脂肪は作られる。かなしいね。

もういいや。

今日はもうおわり。




20170315

今日は一人な日でした。


ゲームをした。成果はレベルが上がったことだけ。ガチャは何も出ない。確率は裏切らない。

ピアノをめちゃめちゃに弾いてたら人に音楽室を覗かれた。気づかないふりをした。あまりめちゃくちゃに弾くものじゃないね。他の人のピアノを聞いてると、全て真面目の好きなポップスとかを練習している。僕は昔習って覚えているやつを感情のままに弾いてストレス発散する。そういうのはこの学校ではよくないみたいだ。もっと人のいないときにやろう。

風邪は治らない。喉がかゆい。でも失せものが見つかった。よかった。

明日も今日みたいなちょっと良い日だったらいいな。

おわり

20170313

まあまあな日でした。


やるべきことをやってあとはゴロゴロアニメを見てゲームをしました。楽しかった。人に勝手に期待して裏切られない安心感。遊びすぎたせいで明日少し死にそうなのですが、どうにかなるでしょう。

咳がまだ出る。集中できないので困る。でもいいや。明日はまたやるべきことが終わったらゲームをしまくるのだ。

僕はナルシストになりたい。ナル男と呼ばれるくらいの人に。僕はナルシストにマイナスをつけたらぴったりのような自己嫌悪人間だから、ナルシストにならなきゃ。そのためには美しさを極めなければ。

さあて、本をそろそろ読もうか。一種の中二病、文学少年気分にならないと本が読めない。パイプ椅子に体育座りを無理にしながら本でも読むか。

おわり

20170312

やっと熱が出た。


周りの人から常にへんな子だと思われているのは幼稚園の時から知ってる。でも先生がゴミを見るような顔をしなくてもいいじゃないか。きっとスーパーで豆腐買っているときのほうが10倍穏やかな顔をしていると思うんだ。ああだめ。体が弱ってると精神も弱る。あのような人は山ほどいる。ゴミ扱いされるならこっちは無視するだけだ。

早くメタモルフォーゼとかなんかしたい。いきなり僕が僕じゃなくなって別の世界に行くんだ。エッシャーの長い絵は巻物にできそうなサイズだったっけ。忍法メタモルフォーゼの術。まあ死にたみが育っているだけなのだけど。うとうとしながら、どうせなら人類初ブラックホールで死んだ人とかくだらない感じで名を残したい、と考えていた。百年後に死ぬ直前の光がどこへも行かずに残っているのが発見される、とか。名を学校のアルバム以外に残せない嫌な先生とかを見返す。ああくだらん。

やっぱり対人は諦めなくちゃ。人の前でご飯も綺麗に食べられないようなら、今諦めたほうが得策だと思う。誰にも理解されないのは、芸術家とか科学者の特権だと思うのだけど、どちらにもなれない僕は、ただ生命を燃やしてくだけなのだなあ。孤独が辛いと思われていない場所へいこうか。

子供に戻りたい。メルモちゃんの赤いキャンディ。曲しか知らないけど。

おわり