読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とうつつの夕時雨

ぐらぐらな僕を素敵にしたい

本日2015年8月26日

正確には27日です。今日は、特に面白いと言えることをしなかったのでよろしくない。面白くなかったことといえば、僕に志はあるのかと聞いたときに、何も答えられなくなってしまうだろうと想像したことです。ま、面白いことを書かなければ後で読み返したときに鬱蒼としてしまうので、とりあえず、ひとつ。青木まりこ現象というくだらない現象に名前があることを知りました。本当にくだらないのですが、こういうことを示す言葉が無いともやもやとしてしまうのか、この現象に名前をつけた日本人って面白いなあと思いました。あとは、スラックティビズムという言葉を知りました。僕も震災のときにしたことがあるので、この概念を知ったからには自己顕示欲に任さないことを心がけたいです。醜いので。

最近自分に表現力が無さすぎて会話することを半分諦めています。とにかく、ただでさえ喋らない僕が筆記でもダメだったら人間としての人生が終わる気がするのでブログで練習します。もっとこう、僕は人間だ!オマエはなんだ!と100億光年離れた星からやってきた宇宙人と対話できるような人になりたいです。少し深夜テンションが入ってきました。まあ、とにかく、一人で北海道に行って新鮮な牛乳を飲みに行けるぐらいの力は欲しいです。対話力、自己管理能力、経済力、その他諸々が必要ですね。まずは高校を出ましょう。

僕はもっと自分一人であはは〜と脳内お花畑で生きられるようになりたいのです。ピンク色の花びらが風に吹かれてなくてもいいのですが、他人のなにげないけれど僕が勝手に傷つく発言をさらっと雑音のように受け流せるような強い人間になりたいです。環境に流されない、600年生きる大木のように。そしてあわよくば夏の雨に流された後の太陽に照らされきらめく翡翠色の葉っぱを思い切り見せて、僕は生きている!と感じたいのです。それは今生をまっとうして転生してからにしますが。

ということでもうそろそろ寝なければいけません。僕はどうでもいいことを書いていると妙なスイッチが入って喉が乾くまでずっとつらつらと書きたくなってしまうので、水を飲んで寝ます。課題もこのように無限に書ければ良いのに。はあ。

 

80日前に僕が書いた記事を読み返して、そんな長い時間も経っていないのに、随分と理想を下げたなあと思いました。どんどん完璧な道から外れていく気がします。茨の道の先に大きな美味しそうだと言われているドーナツがあり、僕はそれに向けて嫌でも逃げ道が無いと思いながら進んでいましたが、ドーナツ?いや、夏は水ようかんでしょ、とコロッと変えてポケットから裁ちばさみを取り出し、手の甲が傷だらけになってまで左に90度曲がろうとしているようです。茨を踏み進む際に踝にできる傷と、今できた新しい手の甲の傷を比べると、手の甲のほうが古傷が目立つでしょうし、今は痛い。そしてみんなが羨むドーナツは手に入らない。水ようかんなんてあるかもわからない。夏が終わる。そんな状態です。

ああ、最初は楽しいことを書いたのに最後は鬱になってしまいました。鬱の漢字をバラすと、酒を飲んで寝ようよという意味になるそうなので、そうします。ただ、お酒は飲めないので、夢に酔うとします。

幸せな夢を。