読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とうつつの夕時雨

ぐらぐらな僕を素敵にしたい

本日2015年8月29日

日記 面白かったこと

本当は30日です。もうそろそろ日付が変わる前に寝る習慣をつけなければならないとは思っています。今日は、やっとツイッターやら漫画やらをだらだら見続けながら書いた課題が終わりました。あとは、読み直して少し直して送るだけです。やった。世間ではもう少しで夏休みが終わるのでしょうが、僕の夏休みはつい先日始まってしまいました。言うなれば、地獄の夏休みです。全く地獄地獄していないのですが、ここで何もしていないと1年後地獄にポーンと突然落とされることが確定しています。しかしグータラしているだけで5日くらいが過ぎていってしまいました。本当に僕はどうしようもないのかもしれません。でもそれを安定した生活だと勘違いしてはならないのです。なぜならばこんどは人間として終わってしまうからです。

何も書きたいと思ったことはなかったのですが、とにかく書かなければいけないと思い、日記を書きます。今日の面白かったことは、ニコニコのアカウント名とパスワードが勝手に変わっていてメールがわからずアカウント削除もできず、ハッキングされたのではないかという恐怖に囚われながらいやいや新しいアカウントを作り、コミュニティやマイリストなどを新しく登録することが面倒になり何もかもがいやになったことです。プレミアム会員じゃなくてよかった。しかし4年くらい使っていたアカウントなので少し思い入れはあります。でもその数分前にヴィタスというロシアの素晴らしい歌声を聞けたのでまあよしとします。常人からしてみればとんでもないような衣装で人間離れした美しい高音で歌うので、くせになるというか、また、あ、ヴィタスの高音聞きたいと思いついたら見たいです。そして今日の夕飯に大学いもを食べれました。ほくほくでおいしかったです。その調子で大学に入れるようになりたい。

本を読みたいというか本を読んでなにかしら考えるトリガーのようなものを得たいと思うのですが、本を開いてすぐどこかへ行きたくなってしまいます。僕はインターネットにあること以外に集中できるものは無いのか。もうパソコンをいっそ誰かの金庫に保管してもらって僕は昭和の生活を送った方が人間的に成長できるのではないかと思います。しかし本当の成長というのはそれを自覚して我慢してやめることなのでしょう。僕は友達いない〜!などと抜かしているくせに他人を頼ることをやめません。どうかしたい。ツイッターをぼーっと見て思いついたことですが、何か苦しい時間を過ごすためには、自由な時間の中で少し狂わないとバランスが取れないのではないかと思いました。というか、自由な時間の中で楽しいことをするために嫌だけれどスパイスと考えて苦しみを味わっているような。僕は自由な時間で一切狂わず苦しみを排除するというパターンに入ってしまったので、これにより失敗してしまったのかもしれません。現在が楽しければそれでいいのです。どれだけ未来がつらくなろうと、それは想像しても想像しきれないので、それでバカと言われるのでしょうけど、過去の僕が全く別人のように思えるように、きっと1年後の自分も僕とは他人と思えてしまうのでしょう。でもやはり大学はいかねばならない。

ということで長々と書いてしまいましたがそろそろ寝なければなりません。

幸せな夢を。