読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とうつつの夕時雨

ぐらぐらな僕を素敵にしたい

20161223

昨日の晩、卒業した先輩4人と話しました。開口一番が、全然変わらないね、で、どうリアクションを取ればいいのかわからなかった。みんなそれぞれかっこよくなってたり、きれいになってたりした。そんな風にあと1,2年でなれるのだろうか。

 

今日は久々に姉に殺意を覚えました。わざと僕の前のドアをおさえなかったり、僕に聞こえるように隣でえこひいきだと言ってました。彼女にそうさせているのは多分、僕が末っ子であるがゆえに親にひいきされているから。でも本当に馬鹿らしくて。なんとけんかの発端が僕がFF15でチョコボにいっぱい乗った後、彼女の番に車に戻れば効率いいんじゃないと言ったことです。もう意味が解らない。女だからだろうか、本当に支離滅裂なのだ。ホルモンがそうさせているのだろうけれど、精神とはこんなにもやわなものだったのか。

 

幼稚園のころにもどりたい。まだ給食を残して怒られただけで2時間くらい泣いていたころに。そういえば僕は常に泣いているような気がする。ヒステリックになりがちである。そういう遺伝子でも組み込まれているのだろうか。

遺伝子といえば、父が僕に、僕が内向的なのは遺伝のせいだ、と謝ったことがある。医学的な知識の有無関係なく、そんなことで僕に謝らないでほしいと思った。そんなことを言ってしまったら、人間の存在そのものが僕に謝るべきだし、もう社会など滅亡してしまえばよくなってしまうではないか。内向的な性格が欠陥であることが前提なんじゃないか。僕はもう性格が変わることはないし、馬鹿が治ることもないのだ。

 

僕はどうしたらいいんだ。