夢とうつつの夕時雨

ぐらぐらな僕を素敵にしたい

20170221

まあまあな日でした。


小さい頃、テレビや周りにニキビなんてあるやつは一人もいなくて、僕は肌に異常が発生することすら知らなかった事をテレビを見て思い出しました。白いハンカチが黄ばんでくるようだ。僕はこれ以上年を食いたくないな。

僕の学校の先生は大人になれなかったはぐれものたちだ。大人の優れたものたちから見下される厳しい世界から逃げてきて、今度は生徒たちを犬猫のように虐げる。

話し合いって必要だなあとドラマを見ながら思った。けどそれは多分僕にとっての失踪や殺人の一歩手前の手段で、それが必要ない関係なら話さずに自然消滅で壊してしまって構わない。

ネガティブなことばっか書いている。最近本を読んでいない。でも読む気がしない。僕は博識で優しい大人になりたいけれど、半分諦めているところもある。なんだか人と関わりたくなくて、でも常に周りに人がいて、環境が変わるのを待っているだけだ。でも人がいないところなんてないよ。もう少し様子を見てみよう。